1. 1. キュレーションメディアサミット Web編集者 / 佐藤慶一 ∼BuzzFeed、Upworthyのこれまでと現在∼ 14年7月14日月曜日
  2. 2. 自己紹介 1990年生まれ ウェブ編集者 メディアの輪郭 現代ビジネス 佐藤慶一 14年7月14日月曜日
  3. 3. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  4. 4. 前提:バイラルメディアとは? ①検索<ソーシャル ②ツイッター<フェイスブック 「バイラル(viral:ウイルス性の)」という言葉通り、 口コミで、爆発的に、広がっていくウェブメディア ③パソコン<スマートフォン だいたい7∼9割くらいのイメージ? 14年7月14日月曜日
  5. 5. 海外メディアの現状(フェイスブック) http://blog.newswhip.com/index.php/2014/07/biggest-facebook-publishers-june-2014 14年7月14日月曜日
  6. 6. 海外メディアの現状(ツイッター) http://blog.newswhip.com/index.php/2014/06/biggest-twitter-publishers-may-2014 14年7月14日月曜日
  7. 7. 海外メディアの現状 http://blog.newswhip.com/index.php/2014/07/biggest-facebook-publishers-june-2014 ■トップ15のうち7つがバイラルメディア ■記事数は少ない/ソーシャル上での存在感 ■ヤフー、NYT、WaPoに勝っている ■トップ15のうち3つがバイラルメディア ■トラフィック:Twitter Cards<OGP 14年7月14日月曜日
  8. 8. タイトル+アイキャッチの世界 https://www.facebook.com/HuffPostJapan 14年7月14日月曜日
  9. 9. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  10. 10. BuzzFeedとは? 14年7月14日月曜日
  11. 11. BuzzFeedとは? ■2006年創業したウェブメディア ■ハフポスト共同創業者ジョナペレッティ ■リスト(まとめ)記事を武器に成長 ■大手メディア記者も雇い、調査報道へ ■ネイティブ広告のみで年間130億ドル 14年7月14日月曜日
  12. 12. BuzzFeedの展開国 ■2013年3月イギリス版 ■2013年10月ブラジル版 ■2013年10月スペイン版 ■2013年11月フランス版 ■2014年2月オーストラリア版 ■今後、ドイツ、日本、インド、メキシコ... 14年7月14日月曜日
  13. 13. BuzzFeedのルーツ http://www.flickr.com/photos/techcrunch/8692674197/ http://contagiousmedia.org Black People Love Us 研究:Contagious Media Experiments Nike sweatshops e-mail 好きな言葉でスニーカーがつくれるキャンペーン 「スウェットショップ(労働搾取工場)」→× メールのやりとりを友人に共有→バイラル 有力メディアが報じるまでに 「白人がどのようにすれば黒人に好かれるのか」 架空の黒人と白人カップルの写真をアップ 1ヵ月で60万PVに 無関心層の関心も集める/議論の活発化 14年7月14日月曜日
  14. 14. 記事=4000本 いいね!=1750万 シェア=700万 コメント=750万 1ヵ月に得る記事、いいね!、シェア、コメント数 月間 1日/1本 1日=133 1本=4300 1本=1875 1本=1750 直近1ヵ月UU=1.7億 14年7月14日月曜日
  15. 15. コンテンツの変遷 2006∼2011年 2012年∼ バイラルコンテンツ リスト記事 画像 http://www.slideshare.net/AustinJHunt/buzzfeed-presentation 動画 流行ネタ(ミーム) 長文記事 速報記事 政治ニュース クイズ/音声 調査報道 14年7月14日月曜日
  16. 16. 参考:ハフィントンポストの事例① 詳細:『米ハフィントン・ポストの衝撃』 / 牧野洋氏 シックス・ディグリー理論 感染メディア 検索エンジン最適化(SEO) 社会学者:ダンカン・ワッツ 「知り合いをたどっていくと、6人目までに世界中の誰とでもつながる」 バイラルの専門家:ジョナ・ペレッティ SEO技術者:ポール・ベリー 14年7月14日月曜日
  17. 17. 詳細:『米ハフィントン・ポストの衝撃』 / 牧野洋氏 Bored at Work Network viral, but × sticky 強いつながり ターゲット:「仕事中ヒマで仕方ない人たち」 一時的にトラフィックが集まっても、持続的ではない アリアナ・ハフィントン 大物政治家/大企業経営者/著名ブロガーの巻き込み 参考:ハフィントンポストの事例② 14年7月14日月曜日
  18. 18. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  19. 19. Upworthyとは? 14年7月14日月曜日
  20. 20. Upworthyとは? ■2012年に創業したウェブメディア ■最高で月間約1億UU(現在は3500万UU) ■バイラルメディアのフォーマットをつくった ■50名ほどのスタッフ/1日10記事くらい ■1つの記事に対して、25本のタイトル案 ■FBページは640万いいね!(BFは300万) 14年7月14日月曜日
  21. 21. Upworthyが話題に http://www.slideshare.net/Upworthy/the-sweet-science-of-virality 史上最速で成長したウェブメディア 14年7月14日月曜日
  22. 22. Upworthyのルーツ① × 「フィルターバブル」 元エグゼクティブ・ディレクター イーライ・パリサー氏 元マネージング・エディター ピーター・キークリー氏 フィルターに囲まれた世界:検索エンジンの検索結果がユーザー個々 の嗜好で変化するフィルター機能によって、一方的な見地に立った情 報しか手に入らなくなること。知らないことや反対意見などが検索結 果に現れにくくため、フィルターの強度によっては、ユーザーが操ら れてしまう懸念がある。 社会運動 社会風刺 14年7月14日月曜日
  23. 23. Upworthyのルーツ② 良質なコンテンツを求める人に広く届ける tl;dr(ネットスラング) Too Long, didn't read(長過ぎて、読まない) 重要なコンテンツを求めていない人にも広く届ける 14年7月14日月曜日
  24. 24. Upworthyの注目の動き 外部組織との連携 指標の開発 Attention Minutes(アテンション時間) 14年7月14日月曜日
  25. 25. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  26. 26. (デジタル)キュレーション “無数の情報の海の中から、自分の価値観や世界観に基づいて情報を 拾い上げ、そこに新たな意味を与え、そして多くの人と共有すること” 『キュレーションの時代』 / 佐々木俊尚氏 “基本的にまず私たちは、玉石混合の世界を作ることを目指していま す。その上で、ソーシャルの世界に「ノイズ」は果たして存在するの か、という意識ももっています。ある人にとってノイズでもある人に とっては「玉(ぎょく)」かもしれない” LINE代表 森川亮氏 “コンテンツキュレーターとは、特定のテーマに基づき、それに関連 するグループや組織、コンテンツを継続的に見つけ続ける人たち” ブロガー ロヒット・バルガーバ氏 http://ascii.jp/elem/000/000/584/584037/ http://www.rohitbhargava.com 14年7月14日月曜日
  27. 27. キュレーション市場規模 http://www.yano.co.jp/press/pdf/1264.pdf 2014年は178億円の規模 14年7月14日月曜日
  28. 28. キュレーションの今後 情報爆発(総情報発信者時代) 人的・機械的なコンテンツキュレーション キュレーションの飽和(語義矛盾的な状況?) 14年7月14日月曜日
  29. 29. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  30. 30. まとめ ■ルーツ=アカデミックやフィルターバブル →トラフィックを集めて何を実現したいのか ■ソーシャル×スマホの可能性 →伝統メディアがなかなかできない強み ■キュレーションの飽和にどう向き合うのか →独自性/コミュニティ/ロイヤリティ...etc ■「つくる、とどける、かせぐ」の革新 14年7月14日月曜日
  31. 31. 最後に ke12nny@gmail.com https://twitter.com/k_sato_oo https://www.facebook.com/keiichysato メディア設計やコンテンツ戦略に関して なにかありましたら、いつでもどうぞ! 14年7月14日月曜日
Please download to view
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
...

BuzzFeed、Upworthyのこれまでと現在からみるバイラル/キュレーションメディア

by sato-keiichi

on

Report

Category:

Social Media

Download: 0

Comment: 0

94,717

views

Comments

Description

Download BuzzFeed、Upworthyのこれまでと現在からみるバイラル/キュレーションメディア

Transcript

  1. 1. キュレーションメディアサミット Web編集者 / 佐藤慶一 ∼BuzzFeed、Upworthyのこれまでと現在∼ 14年7月14日月曜日
  2. 2. 自己紹介 1990年生まれ ウェブ編集者 メディアの輪郭 現代ビジネス 佐藤慶一 14年7月14日月曜日
  3. 3. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  4. 4. 前提:バイラルメディアとは? ①検索<ソーシャル ②ツイッター<フェイスブック 「バイラル(viral:ウイルス性の)」という言葉通り、 口コミで、爆発的に、広がっていくウェブメディア ③パソコン<スマートフォン だいたい7∼9割くらいのイメージ? 14年7月14日月曜日
  5. 5. 海外メディアの現状(フェイスブック) http://blog.newswhip.com/index.php/2014/07/biggest-facebook-publishers-june-2014 14年7月14日月曜日
  6. 6. 海外メディアの現状(ツイッター) http://blog.newswhip.com/index.php/2014/06/biggest-twitter-publishers-may-2014 14年7月14日月曜日
  7. 7. 海外メディアの現状 http://blog.newswhip.com/index.php/2014/07/biggest-facebook-publishers-june-2014 ■トップ15のうち7つがバイラルメディア ■記事数は少ない/ソーシャル上での存在感 ■ヤフー、NYT、WaPoに勝っている ■トップ15のうち3つがバイラルメディア ■トラフィック:Twitter Cards<OGP 14年7月14日月曜日
  8. 8. タイトル+アイキャッチの世界 https://www.facebook.com/HuffPostJapan 14年7月14日月曜日
  9. 9. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  10. 10. BuzzFeedとは? 14年7月14日月曜日
  11. 11. BuzzFeedとは? ■2006年創業したウェブメディア ■ハフポスト共同創業者ジョナペレッティ ■リスト(まとめ)記事を武器に成長 ■大手メディア記者も雇い、調査報道へ ■ネイティブ広告のみで年間130億ドル 14年7月14日月曜日
  12. 12. BuzzFeedの展開国 ■2013年3月イギリス版 ■2013年10月ブラジル版 ■2013年10月スペイン版 ■2013年11月フランス版 ■2014年2月オーストラリア版 ■今後、ドイツ、日本、インド、メキシコ... 14年7月14日月曜日
  13. 13. BuzzFeedのルーツ http://www.flickr.com/photos/techcrunch/8692674197/ http://contagiousmedia.org Black People Love Us 研究:Contagious Media Experiments Nike sweatshops e-mail 好きな言葉でスニーカーがつくれるキャンペーン 「スウェットショップ(労働搾取工場)」→× メールのやりとりを友人に共有→バイラル 有力メディアが報じるまでに 「白人がどのようにすれば黒人に好かれるのか」 架空の黒人と白人カップルの写真をアップ 1ヵ月で60万PVに 無関心層の関心も集める/議論の活発化 14年7月14日月曜日
  14. 14. 記事=4000本 いいね!=1750万 シェア=700万 コメント=750万 1ヵ月に得る記事、いいね!、シェア、コメント数 月間 1日/1本 1日=133 1本=4300 1本=1875 1本=1750 直近1ヵ月UU=1.7億 14年7月14日月曜日
  15. 15. コンテンツの変遷 2006∼2011年 2012年∼ バイラルコンテンツ リスト記事 画像 http://www.slideshare.net/AustinJHunt/buzzfeed-presentation 動画 流行ネタ(ミーム) 長文記事 速報記事 政治ニュース クイズ/音声 調査報道 14年7月14日月曜日
  16. 16. 参考:ハフィントンポストの事例① 詳細:『米ハフィントン・ポストの衝撃』 / 牧野洋氏 シックス・ディグリー理論 感染メディア 検索エンジン最適化(SEO) 社会学者:ダンカン・ワッツ 「知り合いをたどっていくと、6人目までに世界中の誰とでもつながる」 バイラルの専門家:ジョナ・ペレッティ SEO技術者:ポール・ベリー 14年7月14日月曜日
  17. 17. 詳細:『米ハフィントン・ポストの衝撃』 / 牧野洋氏 Bored at Work Network viral, but × sticky 強いつながり ターゲット:「仕事中ヒマで仕方ない人たち」 一時的にトラフィックが集まっても、持続的ではない アリアナ・ハフィントン 大物政治家/大企業経営者/著名ブロガーの巻き込み 参考:ハフィントンポストの事例② 14年7月14日月曜日
  18. 18. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  19. 19. Upworthyとは? 14年7月14日月曜日
  20. 20. Upworthyとは? ■2012年に創業したウェブメディア ■最高で月間約1億UU(現在は3500万UU) ■バイラルメディアのフォーマットをつくった ■50名ほどのスタッフ/1日10記事くらい ■1つの記事に対して、25本のタイトル案 ■FBページは640万いいね!(BFは300万) 14年7月14日月曜日
  21. 21. Upworthyが話題に http://www.slideshare.net/Upworthy/the-sweet-science-of-virality 史上最速で成長したウェブメディア 14年7月14日月曜日
  22. 22. Upworthyのルーツ① × 「フィルターバブル」 元エグゼクティブ・ディレクター イーライ・パリサー氏 元マネージング・エディター ピーター・キークリー氏 フィルターに囲まれた世界:検索エンジンの検索結果がユーザー個々 の嗜好で変化するフィルター機能によって、一方的な見地に立った情 報しか手に入らなくなること。知らないことや反対意見などが検索結 果に現れにくくため、フィルターの強度によっては、ユーザーが操ら れてしまう懸念がある。 社会運動 社会風刺 14年7月14日月曜日
  23. 23. Upworthyのルーツ② 良質なコンテンツを求める人に広く届ける tl;dr(ネットスラング) Too Long, didn't read(長過ぎて、読まない) 重要なコンテンツを求めていない人にも広く届ける 14年7月14日月曜日
  24. 24. Upworthyの注目の動き 外部組織との連携 指標の開発 Attention Minutes(アテンション時間) 14年7月14日月曜日
  25. 25. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  26. 26. (デジタル)キュレーション “無数の情報の海の中から、自分の価値観や世界観に基づいて情報を 拾い上げ、そこに新たな意味を与え、そして多くの人と共有すること” 『キュレーションの時代』 / 佐々木俊尚氏 “基本的にまず私たちは、玉石混合の世界を作ることを目指していま す。その上で、ソーシャルの世界に「ノイズ」は果たして存在するの か、という意識ももっています。ある人にとってノイズでもある人に とっては「玉(ぎょく)」かもしれない” LINE代表 森川亮氏 “コンテンツキュレーターとは、特定のテーマに基づき、それに関連 するグループや組織、コンテンツを継続的に見つけ続ける人たち” ブロガー ロヒット・バルガーバ氏 http://ascii.jp/elem/000/000/584/584037/ http://www.rohitbhargava.com 14年7月14日月曜日
  27. 27. キュレーション市場規模 http://www.yano.co.jp/press/pdf/1264.pdf 2014年は178億円の規模 14年7月14日月曜日
  28. 28. キュレーションの今後 情報爆発(総情報発信者時代) 人的・機械的なコンテンツキュレーション キュレーションの飽和(語義矛盾的な状況?) 14年7月14日月曜日
  29. 29. 目次 BuzzFeedのこれまでと現在 Upworthyのこれまでと現在 キュレーションの時代なのか? まとめ 14年7月14日月曜日
  30. 30. まとめ ■ルーツ=アカデミックやフィルターバブル →トラフィックを集めて何を実現したいのか ■ソーシャル×スマホの可能性 →伝統メディアがなかなかできない強み ■キュレーションの飽和にどう向き合うのか →独自性/コミュニティ/ロイヤリティ...etc ■「つくる、とどける、かせぐ」の革新 14年7月14日月曜日
  31. 31. 最後に ke12nny@gmail.com https://twitter.com/k_sato_oo https://www.facebook.com/keiichysato メディア設計やコンテンツ戦略に関して なにかありましたら、いつでもどうぞ! 14年7月14日月曜日
Fly UP