1. 1. (仮称)和泉市職員 放課後勉強会( H25.1.30) 東日本大震災被災地派遣報告 報告:  和泉市生きがい健康部高齢介護室 保健師写真:警察庁 1
  2. 2. 報告者について• 所属 : 和泉市役所  高齢介護室       ・ 職種 : 保健師  (市役所勤務 14 年目)・ 業務 : 〇 高齢者の健康づくり・介護予防〇 認知症になっても安心してくらせるまちづくり〇 医療と介護が必要になっても、望む場所  で自分らしく暮らせるまちづくり などに市民の皆様と共に取り組んでいます。2
  3. 3.  町役場災害対策本部会議中、津波到来 3
  4. 4. 本日の内容★  本日のご報告は、現地で見聞きした事実     をお伝えするのみで、「教訓」にまで昇華することはできていません。★ それぞれのお立場で、市職員として「その時」に備えるために何ができるか?を考える機会になれば幸いです。4
  5. 5. 派遣の概要 派遣先:岩手県 大槌町 期間 :平成 23 年 5 月 6 日~ 5 月 31日 任務:大槌町役場における保健福祉業務5
  6. 6. 市町村職員の派遣システム派遣の実施 最終的な派遣要請 照会 照会被災県被災県 協力依頼被被 (岩手(岩手 派遣要請 派 派派遣要請とりまと総務省総務省災災県) 県) め遣 遣市市市 市町町派遣市町町 町村村村の連絡連携 派遣申出 派遣要請 提供 村 村の伝達((派遣派遣 ( (大大 被災県被災県 都道府県 派遣可能都道府県 和 和 性の照会槌槌 (岩手(岩手 (大阪 (大阪 泉 泉町府)府) 市 市町連携県) 県)連携全国市長全国市長 ) ))) 市長会市長会 会会派遣申出町村会町村会 全国町村全国町村 6会会出典:総務省資料を一部改編
  7. 7. 岩手県大槌町の概要・交通• 人口:約 15,000 人• 世帯数:約 6,300 世帯• 高齢化率: 28.5%• 交通:(新幹線) 新大阪 ⇔ 東京( 2 時間 30 分) 東京  ⇔ 新花巻( 3 時間 15 分) 花巻空港 ⇔ 大槌町(車で 2 時間 30分) (飛行機) 伊丹空港 ⇔ 花巻空港( 1 時間 30分) 花巻空港 ⇔ 大槌町(車で 2 時間 30分) 8 出典:岩手県観光協会
  8. 8. 岩手県9
  9. 9. 大槌町の地形旧役場 仮設役場出典:大槌町津波復興計画
  10. 10. 大槌町中心部(震災前) 出典:藤枝宏  「大槌夢幻」心象舎 2011年 11
  11. 11. 大槌町中心部(震災後)12出典:藤枝宏  「大槌夢幻」心象舎 2011
  12. 12. 堤防 13
  13. 13. 岩手県大槌町  5 月初旬14
  14. 14. 漁業のまち15
  15. 15. 津波想定区域を超えた浸水 16
  16. 16. 消防 17
  17. 17. 消防車18
  18. 18. 積み上げられる瓦礫19
  19. 19. プレハブで役場再開20
  20. 20. 震災 2 ヵ月後、役場の様子各種申請に、朝4時半から行列ができ る開庁以降は電話回線がパンク全国からの応援職員による混成部隊タテ割りの情報提供で町民は右往左往ネット、FAXは総務課のみ職員は震災以降連日出勤、  避難所からの通勤
  21. 21. 被災役場、業務上の問題点◆ 首長不在、新しい幹部職、急な人事異 動◆ 土地勘のない派遣モザイク部隊の調整◆ 地元緊急雇用アルバイトの教育◆ 全国ボランティアの調整◆ 被災者対応と同時に、通常事務の対応
  22. 22.  赴任中の業務内容5月 1 週目 2週目 3週目4週目業 生活再建支援金務内災害義援金への対応高齢者家庭訪問容母子保健相談避難所巡回予防接種 電話対応・庁内案内・その他事務
  23. 23. 震災2か月後、町民生活ライフライン:断水は継続住まい:避難所生活      (在宅避難も多数)食事:支援物資が頼り     (カップ麺、缶詰が中心)入浴:テント風呂ゴミ:排出量激増、臭気が強烈25
  24. 24. 仮設テント風呂写真:日本赤十字社
  25. 25. 避難所生活での問題点  ハード面 ソフト面・ 劣悪な生活環境 ・諸事情で避難所に来ない 人・ プライバシーの欠如 (⇒車中、半壊家屋避難)・ バリアフリー不備・見えない障がいへの・ 子どもの遊び場のな 理解の無さからくるトラさ ブル (親子共しんどい)・情報収集力の格差・物資分配の不平等・女性のニーズ・性犯罪 写真:静岡県避難所運営マニュアル 
  26. 26. 女性のニーズは、「女性」が言い出し にくいことばかり28
  27. 27. 停電・断水の中二階で暮らす人々 29
  28. 28. 建設用地がなく、採石場の真下に建てざるを得なかった仮設住宅 30
  29. 29. 発災 4 か月後から、仮設住宅の入居が始まるコミュニティーが分断され、孤立する人もあり31
  30. 30. 被災住民の健康問題の変化3 月 11 1 週間後1 か月後2 か月後日震災直 半年後後 救命治療持病への薬の処方 寝たきり、床ずれ肺炎、感染症高血圧、高コレステロール 孤立、アルコール依存 運動不足で機能低下 出典:朝日新聞 平成 23 年 9 月 7 日を一部 改変
  31. 31. 行政職員 派遣側の 課題◆ 現地に負担をかけない事前の情報収集◆ 現地に負担をかけない自己完結型の装備◆ 二次被災メンタルヘルス対策 (特に行政職)◆ リレー派遣の場合、申し送り時間の確保◆ 派遣職員の残された同僚の業務負担配慮
  32. 32. 「1人派遣(特に女子)」は10 運転能力と最低限のkm 整備力が問われる・・・(^^;?34
  33. 33. 片側通行の沿岸部県道35
  34. 34. 給水式洗面所仮設トイレ36
  35. 35. 任期終了後、ボランティアで再度訪問した際は、体育館が宿舎に開放されていた。37
  36. 36. 仮設シャワー(1人15分厳守)38
  37. 37. 「その時」、に備えるための行政の責務「その時」動ける、防災計画づくり  (特に女性・弱い立場の人の目線を反映)◆ 市民防災活動のバックアップ◆ 「とっさの現場判断」のできる市職員の育成強化◆ 「その時」、即座にワンストップ相談窓口を開設できる準備平時からの 脱!タテ割り
  38. 38. 私たちにはまだ、備える時間があります災害に強いまち・和泉に向けて 40 一緒に力を合わせましょう!
Please download to view
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
...

震災派遣報告2013.1.30

by naomi-fukushima

on

Report

Category:

Documents

Download: 0

Comment: 0

161

views

Comments

Description

Download 震災派遣報告2013.1.30

Transcript

  1. 1. (仮称)和泉市職員 放課後勉強会( H25.1.30) 東日本大震災被災地派遣報告 報告:  和泉市生きがい健康部高齢介護室 保健師写真:警察庁 1
  2. 2. 報告者について• 所属 : 和泉市役所  高齢介護室       ・ 職種 : 保健師  (市役所勤務 14 年目)・ 業務 : 〇 高齢者の健康づくり・介護予防〇 認知症になっても安心してくらせるまちづくり〇 医療と介護が必要になっても、望む場所  で自分らしく暮らせるまちづくり などに市民の皆様と共に取り組んでいます。2
  3. 3.  町役場災害対策本部会議中、津波到来 3
  4. 4. 本日の内容★  本日のご報告は、現地で見聞きした事実     をお伝えするのみで、「教訓」にまで昇華することはできていません。★ それぞれのお立場で、市職員として「その時」に備えるために何ができるか?を考える機会になれば幸いです。4
  5. 5. 派遣の概要 派遣先:岩手県 大槌町 期間 :平成 23 年 5 月 6 日~ 5 月 31日 任務:大槌町役場における保健福祉業務5
  6. 6. 市町村職員の派遣システム派遣の実施 最終的な派遣要請 照会 照会被災県被災県 協力依頼被被 (岩手(岩手 派遣要請 派 派派遣要請とりまと総務省総務省災災県) 県) め遣 遣市市市 市町町派遣市町町 町村村村の連絡連携 派遣申出 派遣要請 提供 村 村の伝達((派遣派遣 ( (大大 被災県被災県 都道府県 派遣可能都道府県 和 和 性の照会槌槌 (岩手(岩手 (大阪 (大阪 泉 泉町府)府) 市 市町連携県) 県)連携全国市長全国市長 ) ))) 市長会市長会 会会派遣申出町村会町村会 全国町村全国町村 6会会出典:総務省資料を一部改編
  7. 7. 岩手県大槌町の概要・交通• 人口:約 15,000 人• 世帯数:約 6,300 世帯• 高齢化率: 28.5%• 交通:(新幹線) 新大阪 ⇔ 東京( 2 時間 30 分) 東京  ⇔ 新花巻( 3 時間 15 分) 花巻空港 ⇔ 大槌町(車で 2 時間 30分) (飛行機) 伊丹空港 ⇔ 花巻空港( 1 時間 30分) 花巻空港 ⇔ 大槌町(車で 2 時間 30分) 8 出典:岩手県観光協会
  8. 8. 岩手県9
  9. 9. 大槌町の地形旧役場 仮設役場出典:大槌町津波復興計画
  10. 10. 大槌町中心部(震災前) 出典:藤枝宏  「大槌夢幻」心象舎 2011年 11
  11. 11. 大槌町中心部(震災後)12出典:藤枝宏  「大槌夢幻」心象舎 2011
  12. 12. 堤防 13
  13. 13. 岩手県大槌町  5 月初旬14
  14. 14. 漁業のまち15
  15. 15. 津波想定区域を超えた浸水 16
  16. 16. 消防 17
  17. 17. 消防車18
  18. 18. 積み上げられる瓦礫19
  19. 19. プレハブで役場再開20
  20. 20. 震災 2 ヵ月後、役場の様子各種申請に、朝4時半から行列ができ る開庁以降は電話回線がパンク全国からの応援職員による混成部隊タテ割りの情報提供で町民は右往左往ネット、FAXは総務課のみ職員は震災以降連日出勤、  避難所からの通勤
  21. 21. 被災役場、業務上の問題点◆ 首長不在、新しい幹部職、急な人事異 動◆ 土地勘のない派遣モザイク部隊の調整◆ 地元緊急雇用アルバイトの教育◆ 全国ボランティアの調整◆ 被災者対応と同時に、通常事務の対応
  22. 22.  赴任中の業務内容5月 1 週目 2週目 3週目4週目業 生活再建支援金務内災害義援金への対応高齢者家庭訪問容母子保健相談避難所巡回予防接種 電話対応・庁内案内・その他事務
  23. 23. 震災2か月後、町民生活ライフライン:断水は継続住まい:避難所生活      (在宅避難も多数)食事:支援物資が頼り     (カップ麺、缶詰が中心)入浴:テント風呂ゴミ:排出量激増、臭気が強烈25
  24. 24. 仮設テント風呂写真:日本赤十字社
  25. 25. 避難所生活での問題点  ハード面 ソフト面・ 劣悪な生活環境 ・諸事情で避難所に来ない 人・ プライバシーの欠如 (⇒車中、半壊家屋避難)・ バリアフリー不備・見えない障がいへの・ 子どもの遊び場のな 理解の無さからくるトラさ ブル (親子共しんどい)・情報収集力の格差・物資分配の不平等・女性のニーズ・性犯罪 写真:静岡県避難所運営マニュアル 
  26. 26. 女性のニーズは、「女性」が言い出し にくいことばかり28
  27. 27. 停電・断水の中二階で暮らす人々 29
  28. 28. 建設用地がなく、採石場の真下に建てざるを得なかった仮設住宅 30
  29. 29. 発災 4 か月後から、仮設住宅の入居が始まるコミュニティーが分断され、孤立する人もあり31
  30. 30. 被災住民の健康問題の変化3 月 11 1 週間後1 か月後2 か月後日震災直 半年後後 救命治療持病への薬の処方 寝たきり、床ずれ肺炎、感染症高血圧、高コレステロール 孤立、アルコール依存 運動不足で機能低下 出典:朝日新聞 平成 23 年 9 月 7 日を一部 改変
  31. 31. 行政職員 派遣側の 課題◆ 現地に負担をかけない事前の情報収集◆ 現地に負担をかけない自己完結型の装備◆ 二次被災メンタルヘルス対策 (特に行政職)◆ リレー派遣の場合、申し送り時間の確保◆ 派遣職員の残された同僚の業務負担配慮
  32. 32. 「1人派遣(特に女子)」は10 運転能力と最低限のkm 整備力が問われる・・・(^^;?34
  33. 33. 片側通行の沿岸部県道35
  34. 34. 給水式洗面所仮設トイレ36
  35. 35. 任期終了後、ボランティアで再度訪問した際は、体育館が宿舎に開放されていた。37
  36. 36. 仮設シャワー(1人15分厳守)38
  37. 37. 「その時」、に備えるための行政の責務「その時」動ける、防災計画づくり  (特に女性・弱い立場の人の目線を反映)◆ 市民防災活動のバックアップ◆ 「とっさの現場判断」のできる市職員の育成強化◆ 「その時」、即座にワンストップ相談窓口を開設できる準備平時からの 脱!タテ割り
  38. 38. 私たちにはまだ、備える時間があります災害に強いまち・和泉に向けて 40 一緒に力を合わせましょう!
Fly UP