...

Effective web performance tuning for smartphone

by denastudy

on

Report

Category:

Engineering

Download: 0

Comment: 0

57,326

views

Comments

Description

Download Effective web performance tuning for smartphone

Transcript

  • Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Effective Web Browser Performance Tuning for Smartphone 1 Dec 16, 2014 ! Kei Takahashi kei.takahashi@dena.com Game Development Infrastructure Gr.
 DeNA Co., Ltd. ~FINAL FANTASY Record Keeper の軌跡~
  • 自己紹介 2 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.            高橋  慧  (たかはし  けい)   Japanリージョン  ゲーム事業本部   技術・編成部  ゲーム開発基盤グループ(GDI)所属   Web  Frontend  Engineer  といいつつ最近はアプリにお熱   ! お仕事は、主に共通開発系のタスクと消防士系がメイン   ! 略歴   • 2008  ~  :  Web制作会社を転々とする   • デザインからインフラまで、何でも屋   • 2010  ~  2011:  面白法人KAYACに所属   • Web  Frontend,  Unity  面白業   • 2012  ~  :  株式会社ディー・エヌ・エーに所属
  • 3 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. • Smartphone Webのためのプロファイリングツール • Smartphone Webパフォーマンスチューニングの基本原則 • 『FINAL FANTASY Record Keeper』で学ぶ
 Smartphone Webパフォーマンスチューニング アジェンダ 以降のスライドでは、特に記載の無い場合  Smartphone  =  SP  と省略します。
  • Smartphone Webのための プロファイリングツール 4 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 5 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール Modern  browser  has  powerful  tools! Safari Google  Chrome   h=ps://www.google.com/intl/en/chrome/browser/privacy/eula_text.html   Mozilla  Firefox   h=ps://www.mozilla.org/en-­‐US/foundaLon/trademarks/policy/
  • 6 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール In smartphone browsers?
  • SP Webのためのプロファイリングツール 7 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Browser WebView iOS   6.x~ Android   4.4~ Android   ~4.3 iOS   ~5.x Mac  Safari(6.0~) Instruments Android  Device  Monitor   PC  Chrome Safari,  Chrome  の  Remote  Inspector  が強力
  • 8 SP Webのためのプロファイリングツール iOS Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 9 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール Timeline   ブラウザの動作を時系列で表示するプロファイラ! • Network   • ネットワーク周りのモニタリングと統計情報   • Rendering   • レンダリングにまつわる処理の統計情報   • JavaScript  &  Event   • JavaScript,  DOM  Eventにまつわる処理の統計情報 Safari  (with  Remote  Inspector)
  • 10 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール Debug  Menu(Mac  Only)   • Browser  Cache
 ブラウザの持つ様々なキャッシュの状態を表示   • RealLme  Network
 リアルタイムなネットワークの統計情報   • Back/Forward  Page  Cache
 ページキャッシュの統計情報?   • Frame  Rate
 ページ表示中のフレームレートを表示 Safari
  • 11 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール Debug  Menu(Mac  Only)   • Render  Tree
 ブラウザ内部でもつレンダリングツリー情報   • Render  Layer  Tree 
 DOMレイヤベースのレンダリングツリー情報   • Show  ComposiLng  Borders
 ページ内に合成レイヤーを表示する   • Show  Tiled  Scrolling  Indicator
 スクロールを含むページのプリレンダリング情報 Safari
  • 12 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール • AcLvity  Monitor
 ハードウェア動作の統計情報   • CPU   • CPU  Time   • Real  Memory  Usage   • Energy  DiagnosLcs 
 ハードウェアの消費するエネルギーの統計情報   • CPU  AcLvity   • Network  AcLvity   • Open  GL  ES  Analysis
 Open  GL  ESの統計と問題の検知 Instruments
  • 13 SP Webのためのプロファイリングツール Android Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 14 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール Chrome  (with  Remote  Inspector) • Network
 ネットワーク周りのモニタリングと統計情報   • Timeline 
 ブラウザの動作を時系列で表示するプロファイラ   • JavaScript  CPU  Profile
 JavaScriptの実行によるCPUの使用時間統計   • Heap  Snapshot
 ブラウザが確保するヒープメモリのスナップショット   • Heap  AllocaLons 
 ブラウザによるヒープメモリの確保状況を表示
  • 15 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール • Rendering  OpLon
 レンダリングにまつわるオプション機能   • Show  paint  rectangles
 ペイントが行われている範囲の表示   • Show  composited  layer  borders
 合成レイヤー範囲の表示   • Show  FPS  meter
 FPSを表示   • Show  potenLal  scroll  bo=lenecks 
 スクロール時のボトルネックとなりうる原因を表示 Chrome  (with  Remote  Inspector)
  • 16 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール • Canvas  Frame
 Canvas  2D  Contextに対する描画命令を表示   • Layers 
 ブラウザがレンダリングを行う際の合成レイヤーを表示 • chrome://tracing
 Chromeの動作にまつわるプロセスの全てをトレース 
 統計情報を表示する(最強) Chrome  (with  Remote  Inspector) Chrome  (PC  Only)
  • 17 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール • System  InformaLon 
 ハードウェア動作の統計情報   • CPU  Load   • Memory  usage   • Frame  Render  Time Android  Device  Monitor
  • 18 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. SP Webのためのプロファイリングツール まとめ • Safari,  Chrome  の  Remote  Inspectorは強力   • 各プロファイラを適材適所に使おう   • いずれも開発版を使うのがオススメ   • Safari  -­‐>  Webkit  Nightly  Build   • Chrome  -­‐>  Chrome  Canary   • ただ、たまにバグってる場合も…   • ネイティブデバッガはハードウェア情報を 見るのに役立つ
  • Smartphone Web パフォーマンスチューニングの 基本原則 19 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 20 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. “気になってもすぐに手を付けるんじゃなくて   本当に手を入れるべきか   計測してから手を入れるのが鉄則。” by  Songmu  /  おそらくはそれさえも平凡な日々   #isucon2  で連覇させてもらってきました   h=p://www.songmu.jp/riji/archives/2012/11/isucon2.html “推測するな、計測せよ” by  Robert  C.  Pike
  • SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 21 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Too  many  devices.   Too  many  OSs.   Too  many  browsers.
  • 22 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. PC (Chrome) Smartphone アプリ全体の計測,  ベンチマーキング   チューニング 端末,  OSごとのエッジケースな問題   個別のシューティング SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則
  • 23 1. [PC]Timelineプロファイラでボトルネックの検知   2. [SP]発見したボトルネックが各SP上でどのような
 影響をもたらしているかを計測   3. 効果範囲を検討し、改善の判断をする   4. [PC]各プロファイラを用いながら改修   • 実装の改修はもちろん、必要であれば追加実装   5. [SP]改善を確認 問題検知と改善のワークフロー SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 24 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 計測や改善の6-­‐7割はTimelineプロファイラで片付く   =プロファイリングのキモ しかし… Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 25 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 情報が多すぎる Timelineプロファイラでボトルネックの検知 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 26 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 ポイント:   ユーザの操作行動ベースでプロファイリングする   シナリオを決め、計測する   ex:   • 画面が読み込まれ、表示された(ローディング)   • 特定の箇所をクリックした   • 10秒間画面を表示したまま待機   • 10秒間画面をスクロールした   • 画面内のタブを選び、コンテンツを切り替えた Timelineプロファイラでボトルネックの検知 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 27 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 28 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 情報が   多すぎる Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 29 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 本当は教えたくない   “コツ”   今日は教えちゃいます。 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 30 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 • Self  Time(処理時間)が20msを超えている   • JavaScript:
 純粋に重い処理なのか、無駄な処理が含まれていないか   ! •Rendering,  Pain\ng:
 画像のデコード処理などの重い処理以外(通常のCSSやスタイ ル変更など)で20ms超えるのであれば何らかの対策をとる Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 31 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 • 一定の間隔で似たような処理が行われている   • JavaScript:
 setInterval,  setTimeout,  requestAnimaLonFrameなどの呼び出し が考えられるが、ループ処理内で無駄な処理を行っていない か   ! •Rendering,  Pain\ng:
 特にrecalculate  styleが走り続けるなどが見受けられる場合、 CSSアニメーションによる描画の阻害、もしくはJavaScriptか らのDOM要素のスタイルプロパティへの連続的なget,setが行 われていないか Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 32 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 • 高頻度のイベント内で、DOMのCSSスタイルなど 描画に関わるプロパティへのアクセスをしている   • ありがちなのが高頻度イベント内でのCSS変更,  DOM要素の特定プロ パティへのアクセス Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. • 高頻度イベント代表例   A. scroll  event   B. touchmove,  mousemove  event   C. devicemoLon  event • DOMプロパティ代表例   A. offset  (Top  |  Len  |  Width  |  Height)   B. scroll  (Top  |  Len  |  Width  |  Height)   C. client  (Top  |  Len  |  Width  |  Height)   D. getComputedStyle()
  • 33 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 • 5MBを超える大きなGCが走っている   • GC前にヒープを大量に消費するような重い処理がある可能性が高い   • ムダなロジックでヒープ食いつぶしていないか?   • 世代別GCのold  generaLon側のGCが走る時は少なくとも100msはブ ロックされるので、できれば頻度は抑えたい   • old  generaLonに入りやすい(絶対?)のは、DOM要素などのヒープ の確保サイズが大きいもの Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 34 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 • 下部の  Heap,  Element,  Listener  グラフが増え続けている   •特にSingle  Page  ApplicaLonで使用済みの  event  listener  の解放がされて いない   •メモリリークを抱えている Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 35 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 • Chrome  Extension(拡張機能)による処理は除外   • 詳細ウィンドウの左側カラムのリストに(VM?????  extensions:???)な どの記載があればChrome  Extensionsの処理なので除外する Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 36 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 Timelineプロファイラでボトルネックの検知 • Self  Time(処理時間)が20msを超えている   • 一定の間隔で似たような処理が行われている   • 高頻度のイベント内でスタイルプロパティへのアクセ ス   • 5MBを超える大きなGCが走っている   • 下部の  Heap,  Element,  Listener  グラフが増え続けている   • Chrome  Extension(拡張機能)による処理は除外 これでだけ抑えれば8割の問題は発見できます Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 37 SP Webパフォーマンスチューニングの基本原則 ボトルネックに対するシューティング • Network   • JavaScript  CPU  Profile   • Heap  Snapshot   • Heap  Alloca\ons   • Rendering  Op\on   • Canvas  Frame   • Layers   ! などの各プロファイラでシューティングを Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • FINAL FANTASY Record Keeper (FFRK) で学ぶ SP Web パフォーマンスチューニング 38 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 39 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 前回資料より
  • 40 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング めっちゃ面白い   (実際は笑えません)
  • 41 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 構成概要 内製フレームワーク  Kickmotor
  • 42 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 構成概要 WebView Backbone  Model,  Scene(Controller) Backbone  View Underscore  Template CSS(SCSS) ⇔ Rendered  HTML ←
  • 43 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング チューニングほぼゼロ
  • 44 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング ざっと見た結果(当時のメモ) JS  code   列を まったファイルの置換処理などはかなり負担ががが。 およそ かのスタイルプロパティにアクセスしている?。 ヒープの消費が激しく、およそ 度が上がりそう。 モデルやデータクラスなどの不要なインスタンスの解放がされているかどうかが怪し い。メモリリークは間違いなくしてそう。 Android る)  CPU レンダリング時間かかりすぎ。スプライト大きすぎる? transform ぬーーーー。 無理かも…
  • 45 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング
  • 46 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング ベンチマーク端末 • iPhone5  (iOS7.0)   • iOS  標準スペック端末   • Nexus  5  (Android4.4.2)   • iOS  標準スペック端末   • HTC  J  Bueerfly  (Android  4.2)   • Android  標準スペック端末   • Galaxy  S3α  (Android  4.1.1)   • Android  弱スペック端末   • HTC  Desire  (Android  2.3.6  Custom  ROM)   • Android  超弱スペック端末
  • 47 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 注意 マジでジリ貧の戦いだった   ので、そこまでやるの?   みたいなこともやります
  • 48 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 特定の周期で呼ばれ続ける recalculate  style  
  • 49 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング この間60fps 特定の周期で呼ばれ続ける  recalculate  style  
  • 50 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 特定の周期で呼ばれ続ける  recalculate  style   • 画面外、もしくはz-­‐index  layerが下になっているなど、 見えない場所でCSSアニメーションが走り続けている   • DOM  ツリーに乗っている限り、レンダリングの計算がされる   ! • 何らかのJavaScriptから、画面内の要素のプロパティへ アクセスし、スタイルの再計算が走っている   • offset  (Top  |  Len  |  Width  |  Height)   • scroll  (Top  |  Len  |  Width  |  Height)   • client  (Top  |  Len  |  Width  |  Height)   • getComputedStyle()   • など(jQuery.fn.cssが内部で暗黙的に実行してる場合も)
  • 51 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 答え合わせ
  • 52 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 特定の周期で呼ばれ続ける  recalculate  style(答)   • デシ君のローディングアニメがDOM  Treeに常に存在し た   • display:  none  として改善
  • 53 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の   挙動不安定、描画遅延
  • 54 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延 touchmoveごとに何らかの処理が行われている
  • 55 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延 1スクロールごとにGCが… タッチ-­‐>動かす-­‐>離すで一山
  • 56 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延 スクロール時80%~,  アイドル時20%~
  • 57 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延 • touchstart:  14ms   • touchmove:  3ms   • touchend:  38ms 平均的な処理時間(PC  Chrome) SP上ではおおよそ2倍以上の処理時間 • touchstart:  32ms~   • touchmove:  20ms~   • touchend:  80ms~
  • 58 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延 コールスタックからどのメ ソッドがどのくらい呼ばれ ているのかを徹底的に洗い 出す
  • 59 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 答え合わせ
  • 60 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延(答) • jQuery.fn.cssメソッドに変わるjQuery.fn.fastCssメソッドを実 装し既存実装をリプレイス   • jQuery.fn.css  メソッド  =  超便利   • ベンダープレフィックス,  単位の付加   • まぁなんかあと色々(ごめんなさいあんまり知りません)   ! でもいらない   ! • そういうのは遅いので予めコードに書きましょう   • ある意味でインライン展開   • より低層のDOM  APIを直接叩くことで処理速度とヒープを削減
  • 61 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延(答) • イベント毎に要素の大きさをjQuery.height()などのメソッド から取得していたものをキャッシュ   •  DOM  Elementへのwidth,  heightなどのアクセスはRecalculate  Styleをさ せてしまうため、要素のサイズがイベント毎に変化するなどの特殊 な場合を除いて、一度取得した後はその値をキャッシュし再利用す ることで無駄なRecalculate  Styleの発生を抑制した before aner
  • 62 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延(答) • 同一のQueryStringによるelement探索結果をキャッシュ   • jQuery  object  などをキャッシュすることで、余計なメソッドコールと DOM走査を削減   before aner
  • 63 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延(答) • 独自実装していた  closest()  メソッドでの親DOM要素の走査 ロジックを変更   • ターゲットの要素から.parentNodeをたどり次々に走査していたが、 Node.compareDocumentPosiLonを用いて親要素から子要素の位置を特 定する方式に切り替えた   before aner
  • 64 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延(答) • 各イベントハンドラで同一オブジェクト生成の削減   • コード内の多数の箇所にて同一の値に対してWebKitCSSMatrixオブ ジェクトを生成していたので、キャッシュを行った before aner
  • 65 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロールした際の挙動不安定、描画遅延(答) • イベントハンドラとしてjQuery.proxy(FuncLon.bind)で生成し た関数を登録していたが、無名関数からのcontext参照での 呼び出しに変更した before aner
  • 66 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング スクロール時55%~,  アイドル時~10% スクロールした際の挙動不安定、描画遅延(答) ※特定の間隔で呼ばれ続けるRecalculate  Styleの改修含む
  • 67 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング • touchstart:  5ms   • touchmove:  1.5ms   • touchend:  3ms PC  Chrome SP(iPhone5) • touchstart:  15ms~   • touchmove:  10ms~   • touchend:  20ms~ スクロールした際の挙動不安定、描画遅延(答) • touchstart:  14ms   • touchmove:  3ms   • touchend:  20ms • touchstart:  32ms~   • touchmove:  20ms~   • touchend:  80ms~ おおよそ50%程度の改善
  • 68 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤー生成 とスタイル再描画
  • 69 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤー生成とスタイル再描画
  • 70 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画 ©The  Chromium  Project   examples  are  licensed  under  the  BSD  License.   h=p://www.chromium.org/developers/design-­‐documents/gpu-­‐accelerated-­‐composiLng-­‐in-­‐chrome CPU GPU • DOMオブジェクトをレンダリングする際に、いくつかのオブジェクトを まとめてレイヤー分けを行い、GPUに転送して合成する
  • 71 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画 • 3Dもしくはパースペクティブのtransformを行うCSSプロパティを使用したとき   • ハードウェアデコーダを使用した要素   • 3D  (WebGL)  コンテキスト、もしくはハードウェアアクセラレーションを有効に した状態での2Dコンテキストを使用した要素   • Compositorを利用するプラグイン(例:Flash)   • opacityもしくはtransformを使用したCSSアニメーション   • CSS  Filterを使用した要素   • その要素の子孫の要素が合成レイヤーを持つとき   • その要素よりz-­‐indexが低い兄弟要素が合成レイヤーを持つとき 参考:  h=p://www.html5rocks.com/en/tutorials/speed/layers/
  • 72 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画 詳しくは  Chromium  のソース  を見るのが一番早いです ←ComposiLng  Reasons   そのレイヤーが生成された理由
  • 73 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画 合成レイヤー過多の場合に起こりうる問題   • GPUメモリが枯渇して再描画が発生する   • 大きい範囲をtransformさせる,  壮絶な枚数の合成レイヤーを作る   • VRAM  の限度は  Chrome  であれば  FPS  の表示オプションで見れます   ! ! ! ! • 合成レイヤー同士がぶつかり再描画が発生する   • ぶつかる理由は様々…謎な部分も   • Android  4.x系はバージョンによってすごく難あり   • 4.4.2系のChromium  Webview(Chrome30?)が特に危険 SP実機では64MB~で様々
  • 74 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画 合成レイヤーが発生し ている理由を徹底的に 洗い出す
  • 75 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画 合成レイヤーを表示して   どのレイヤーがぶつかってしまう のかを目視で調べる
  • 76 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 答え合わせ
  • 77 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画(答) • DOMツリーを、レイヤーベースで再構築 よくあるDOM構築パターン 表示物を羅列して   z-­‐indexで整える レイヤーでの構築パターン 表示物ごとに親のレイヤーを決め   コンテンツごとに入れる場所を変える
  • 78 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画(答) • DOMツリーを、レイヤーベースで再構築 全画面のDIVを複数枚重ねて表 示位置ごとに要素をレイヤー内 へ配置する
  • 79 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画(答) • posiLon:fixedの指定された要素を減らす   • そもそも必要の無いposiLon:fixedが指定された要素が多数あったので 削除   ! • opacity指定による非表示要素もしくは画面外要素を display:none(or  visibility:hidden)とする   • opacityの指定による非表示だけではDOMのレンダリングツリーに 乗ってしまうので、明示的にDOMレンダリングツリーから削除した
  • 80 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング 意図しない合成レイヤーとスタイル再描画(答) VRAMへのインパクトは少ないものの再描画頻度が激減
  • 81 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング その他  -­‐  レンダリングを早くする • 100万ピクセルを超えるスプライト画像の分割とOSバー ジョンごとの画像サイズの切り分け   • 2x,  1.5xサイズをOSによって使い分ける   • 100万ピクセルを超える(1000x1000以上)のスプライト画像はレンダリ ングへのインパクトがそれなりに大きい   ! • CSSで表現されている、一部の角丸やシャドウなどを低ス ペック端末では使用しないようにした   • GPUが効かない端末(Android2.x)は特に有効
  • 82 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. FFRKで学ぶSP Webパフォーマンスチューニング その他  -­‐  ブラクラ • 剥がし忘れているevent  listenerの削除   • 平均  5  listeners  /  scene  は存在していた   ! • メモリリークの解消   • h=p://qiita.com/damele0n/items/78d6bc431c69ede21701   • とくにDOM要素や画像のメモリリークはインパクト大
  • 83 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. まとめ • プロファイリングツールについての理解を深めて活用を   • ただ数値を計測するだけではなく、プロファイリングのシ ナリオを決めて実施する   • アプリケーションの動作保証端末でスペックが一番低いも のを使って定期的に確認する   • パフォーマンスチューニングは楽じゃない   • 制作期間に見積もりを入れておく   • 時にはdirtyな解決策も   • ジリ貧の戦いになったら、コードの綺麗さ  <  UX   • ブラウザの内部は基本的にUncontrollable.  しかし、挙動を 理解すれば怖くない   • ブラウザの気持ちになって
  • 84 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 参考文献 • h=p://www.chromium.org/developers/design-­‐documents/gpu-­‐accelerated-­‐composiLng-­‐in-­‐ chrome   • h=p://blog.cacoo.com/ja/2013/06/03/web-­‐paint-­‐performance/   • h=p://havelog.ayumusato.com/develop/performance/e556-­‐ composiLng_border_and_layer.html   • h=ps://speakerdeck.com/ahomu/web-­‐frontend-­‐rendering-­‐performance-­‐knowledge-­‐and-­‐Lps   • h=ps://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/Guide/CSS/Understanding_z_index/ The_stacking_context   • h=p://www.html5rocks.com/en/tutorials/speed/layers/   • h=p://www.html5rocks.com/en/tutorials/speed/scrolling/   • h=p://www.ibm.com/developerworks/jp/web/library/wa-­‐jsmemory/   • h=ps://github.com/thlorenz/v8-­‐perf/blob/master/gc.md
  • 85 Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. ご静聴ありがとうございました
Fly UP